www.dairycdia.org

FX投資の本では、「損失を被った場面ではナンピン買いして、平均のコストを低くする」と助言されていると思いますが、実際にはこれには相当大きな危険性が待っています。とりあえず、ナンピンのロジックに関して易しく説明します。仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。$買いなのでドル高に進むほど儲けが出るわけだが、運悪く95円までドル安方向に向ったとします。その場合所有し続けたら、マイナスをなくすためには、損失分、円安に進む必要があります。みんな、損は早めに無くしたいと思うでしょう。ここではじめに注文したのと同じだけのドルを1ドル95円で取引します。そうすると、全体の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで下げることができます言い換えると、半分の幅で円安ドル高に向えば、損を失くすことが出来ます。これが、ナンピンの原理です。このように、ナンピンの原理を聞くと「納得だ」という考えになるが、為替は簡単には思うようにはいきません。1ドル95円以下にならないとはなんびとも予想できません。仮に、マーケットがかなりのドル安地合であれば、1ドル95円では収まらず、一段の円高ドル安になるリスクが高くなります。97.50円でナンピンをするとしても、1ドル=95円までドル安になったらナンピン買いしたポジションについても損が生じてしまいます。この状況では、最初に買ったドルと合計で、二重のマイナスを被ることになります。この例のように、ナンピンは大変です。それならば、為替が脚本とは反対の方向にすぐに向ってしまった場合どんな方法で危険性を回避すればいいのでしょうか。そういう時には選択できる方法は多くはありません。まずはじめは執着しないで、ポジションを諦める事です。ふたつめは、その段階で、あなたが持っている買いポジションを縮小することで再度為替が戻るのを待つことだ。ちょっと控えめな手法だと思う人もいます。しかし、自分が保持している買いポジションに差損が生まれた場合一番危険の少ない手段はこの他にはあるはずがありません。無論、ロジックとしては、ナンピン買いするという方法もあるように思えます。けれどもナンピン買いはあなたが損失を披っているにもかかわらずポジションを縮小するどころか遂にポジションを買い増していく考え方です。この対策では、危険を避けることなどとても不可能だと思ったほうかいいだろう。ナンピンを続けられればその内勝てるかもしれない。でも、それより前に資金は足りなくなってしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.