www.dairycdia.org

外為取引(FX)においては取引所取引というものがございます。いつもの外為会社と売買をとり行う事柄を「店頭取引」と呼びますが、この取引においては取引所を通さず商いのペアは外為取引(FX)企業になるのです。「取引所取引」という所は外国為替証拠金取引(FX)会社はあくまで仲だちでありますので、直接の売買対象は取引所ということになります。この相違をこの場で少々比べてみます。初めに「店頭取引」のケースは委託している証拠金は外為(FX)業者に管制されています。片や「取引所取引」の折、その証拠金は全額取引所に預け入れしなければならないと決められているのです。そういった事で外国為替証拠金取引(FX)企業が経営破たんするなんていう問題があったとしても、後者は、取引所によって証拠金が全額守護されているということになります。場面はFX企業が管理しているから、業況を見て業者倒産の跳ね返りをを受けて預金していたお金は防護されないです。その上税金面でも両者については規定に相違がございます。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ金利などを雑所得として給与と累計で申告しなければなりません。ところが確定申告しないで済むケースもあるらしいので自身に合致するかどうか注意深く検証してください。万が一アナタがビジネスマンで収入二千万円以下、給与の所得の範囲を超えた収益が二十万円以下(2社以上の事業者から給与所得が無いということ)というようなのような取り決めを満たしている状態でいるのであれば例外措置で確定申告は不要でOKです。外国為替証拠金取引(FX)利益が二十万円以上時は確定申告しなければいけません。税金の率は実入りに応じて5〜40パーセントの六段階に分割されており所得が高いのであれば税金も値上がりします。「取引所取引」では、利益がその他の所得とは別で考えておいて「申告分離課税」の対象となってしまうのです。税金の率は全て同じ20%となるのですが、もし損害が定まったのであれば「取引所取引」の利点として赤字分を次年以降に繰越するということが可能です。上記から読んでも、「取引所取引」の方が価格が少ない税になる事もあるので照らし合わせて研究していった方が良いと思います。不慣れな者の方なら、ジャスダック株価の変化や円相場にいつも気配りし、利益や損失にスリリングなあまり、税金を払うという問題を忘れて放置になることもあります。赤字は困りますが、収益が高騰すれば税金においても増えるので意識と認識が重要になってきます。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.