www.dairycdia.org

FXをはじめたばかりの方がマーケットの要を探し出すためには第一にトレードを積み上げる事が大切である。とりわけ、事前に危機を回避できるようにするためには、負けを積み上げることも経験のひとつ。言うまでも無く、間違いをするといってもやり直しが効かないほど決定的な損をしてはいけない。ちょっとしたケアレスミスを実践する事が、結果として自身のレベルを上げてくれるはずです。それを考えると、まず初めはわずかな額で売買を行いそれによって数回取り返しが付くミスをすることが重要です。100万円だけしか資金がない場面で考えなしで100万円を全額使って取引すると、損した時二度と立ち上がれなくなってしまう心配があります。それよりも、仮に資金の10%ずつ小分けして注文してそれによってエントリーを経験した方が、着実に損を減らす技術なども学んでいくはずです。最初にわずかな額でトレードする事のメリットは、先に言及したように、経験を増やし、損をコントロールする術を覚える事にありますが、それと合わせて、トレードの回数を増やして、危険を削減できるという長所もあります。仮に、1回限りのトレードで勝てる可能性が5割だとします。ということは、同じ確率で損失を生む危険性もあります。勝率50%ということは2回に1回の割合で勝てることを意味しています。しかし、全ての資金をつぎ込んで1回こっきりの仕掛けをするということは、100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになります。それはただ1度の丁半バクチと同じです。結局のところ、全ての財産を投入して1度だけしか勝負しないと、これだけでは損する確率が高まってしまうのである。それだけに、資金を全部つぎ込むのではなく少しずつ分けて投資回数を多くすることが危険性を減らす事になります。同時に少しずつに分割してもすべての取引で勝利する必要はありません。というか、勝つことが出来ないのが本当のところです。取引で大切なのは、勝った回数ではなく、どれだけプラスに出来るかです。勝率が2分の1でもさらに3割でも稼ぐ事は出来ます。5割以上負けても損益がわずかであれば少ない勝ちのプラスの大きさだけで相当儲けられる。そのために大切な事は損を小さく、利益を大きくを肝に銘じる事です。損失が生じたら素早く損失を確定してそれとは反対にプラスになる時にはなるべく大きく利益を出す事がFXをはじめたばかりの方が為替で儲ける極意といえる。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.