www.dairycdia.org

FXというのはある程度の証拠金を預けてその金額の最大25倍まで為替を売り買いするものになります。貨幣の価値をジャッジして、売る方と買う方がどちらもやれるいたって単純なやり方になります。ルーレットに出ている値がそれぞれの国を示していて投資により倍率が変わって行く考える人が多いかもしれません。しかし「1ドル=100円」であったり99円とか?101変わって行くのは、それぞれの国の経済の指標や政治の状況などの多数の事情が原因なのです。ですからFXとは博打ではありません。経済についての知識がなくてはならないものです。裏返しに見てみると、土台になる知識を勉強していたらいかような局面であろうとも儲ける時期が生み出されるようになります。各国で多数の通貨が使用されており、アメリカ合衆国の米ドルとか、ヨーロッパでの共通の貨幣として利用されている?(ユーロ)、日本の¥に対する取引数量が多数あり、英国のイギリスポンド、オーストラリアのA$等があります。マイナーな金ではイスラエル国のシェケル、サウジアラビアのサウジアラビア・リヤル、スロバキア共和国のコルナ、メキシコ合衆国のペソ、ポーランドのズウォティ、スウェーデンのクローナ、等も売り買い可能です。国ごとの為替の相場は人間たちの心中も併せて多種の変わって行く要因があるのです。例えば、トルコ国内で爆弾テロが発生してしまったことが理由で国の秩序が悪化した知らせが耳に入ると、トルコリラの為替の相場が急に下がったりする場合が多いです。為替の相場の動向について、上がって行くと考えれば買う方を、下がると読めば売りポジションを待ちながら動きを判定します。だがFXにはスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)などと呼ばれる中期から長期で売り買いする戦法もあるため多くの情報を持っていなくても報酬を高くした場合がよくあります。ある程度決まった銀行の少なめの利子を運用することを考えるよりも、外国為替証拠金取引というのはポジティブな資産の増加を現実のものとした経済情勢を意識せざるを得ない金融商品であると言えるでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.