www.dairycdia.org

外国為替証拠金取引(FX)で投資する興味深いところは、一つだけの商品であるのですが投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3種類の中からいずれを選択するのかということにより、出資の方法が全然変わってくるという点にあるのです。まずは外貨への投資の「長い時間をかけるスタンス」について見てみよう。長期投資というものは、一年以上の投資を基準にしています。まず為替相場においては、一年も経った後の為替相場が円高でしょうか、それとも円安かを予言するのは、まず難問です。普通は、「そんなにも後々の未来のことは予言できない」となるのが一般的です。予言もできないものを懸命に推測しようと思ったところで、無意味なものなのです。そのことから他の貨幣を買って、買ったタイミングのレートよりも円高に変わったとしてもそのマイナス分はいつか円安に戻るだろうというポジティブな感覚で挑むことが大切です。為替差益を目指すばかりでなく、それ以外の差益、言い換えればスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を稼ぐのをとりあえずの目標にしてお金を預けてみましょう。もちろん、短期間で為替変動のマイナスがかなりなることもあります。そのため、そういったマイナスでも困らないようレバレッジをできるだけ少なめに取引する心がけは大事です。FXは、損が決まった範囲を超えて拡大してしまうと、追い証(追加保証金)を求められたりあるいはストップロス(ロスカット)がかけられたりします。ストップロス(ロスカット)がかかったら即座にやり取りを終わりにせざるを得なくなり、長期取引ができなくなります。リスクを抑えるためには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にしてトレードする方が良いでしょう。今度は中期のスタンスのケースの売り買いについてです。中期スタンスの場合は、長くても2ヶ月くらい先を考慮してのやり取りであります。為替取引においては、約1ヶ月後のことは、ある程度、先読みできるだと思います。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などの各国の論議や、為替のトレードで売買している人たちがどんなテーマに興味を持っているかを聞いてみればいくらか先読みできるのです。経済の状態を見ながらも、グラフを見ることによって、為替のレートの状態を理解する事ができ買いポジションか売りポジションかを見定めるべきです。基本的に、ファンダメンタルズとテクニックのどっちも良い方向でありあるいはどちらも買い傾向が同様の時は、おおよそその方向に行くと思って間違いありません。そのような時は保有高を増やしておけばもっと高い儲けを手に入れられるはずです。第三に短期スタンスの要点。この短期トレードが指しているのは、言うなればデイトレのことを言っています。為替相場でデイトレーディングを行う際は経済情勢は全然関連がないと断言していいです。というのも次の日の相場の動向に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は影響ないからです。この時最大のミソは注目される出来事があることで、それが影響して相場が著しく動く時を狙ってやり取りしましょう。例として、アメリカ合衆国にて雇用の統計が公表されるまたは金融政策決定会合等により制作金利が動くという出来事。こうしたチャンスに変動をものにするといった意味合いで、短期トレードでは様々な情報が必要になる。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.