www.dairycdia.org

外国為替証拠金取引(FX)についての良いところは一つの商品であるがお金を掛ける期間を短い・普通・長いの中からどれをチョイスするかにより、資金を費やす手法がまるっきり異なってくるというところにあると言われます。外貨への投資の「長い期間の投資」について詳しく見てみましょう。長期スタンスとは、一年以上の投資を原則としています。基本的に為替相場においては一年以上も先々の為替のレートは円高だろうか、もしくは円安になっているかを予言するなんていうことはたいてい無謀だと思います。通常であれば、「そんなにも後の動向は予想できない」と思うのが普通だと思います。予測もできないものを懸命に予言しようとも無駄な行為です。そういう訳で他国の貨幣を買ったと仮定して、買った時の価格よりも円高傾向になったとしてもその差損分は少し経てば円安に戻るだろうという気楽な気持ちで売り買いに臨む必要があります。為替の差益を熱心に目指すことに限定せず、その他の儲け、つまりはスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げることをまず最初のねらいにして始めてみましょう。もちろん短期間で差損に損がたくさん膨らんでしまうことがあります。そのことから、このような損失が大きくなってもさほど影響を受けないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限で設定するのは大事です。FXは、損が一定額以上に広がってしまうと、追い証を払わなければならなくなったりストップロスになってしまったりします。ストップロス(ロスカット)をしたら、さっさとやり取りをフィニッシュすることになり、長期の投資ができなくなります。こういう危険を回避するためにはレバレッジ2?3倍で売買するべきです。次に中期のケースの売買に関してです。中期投資のケースは一番長くても1?2ヶ月ほど先々を推測してのやり取りになります。為替の売買の時、約1ヶ月ほど後のことであればおおかた推測しやすいな場合が多いでしょう。G7のような各国の集まりの議題や為替取引に参加している人たちがどのようなテーマに注目しているのかを聞いてみれば割りと、推測できるのです。経済の状態を見る一方で、グラフを参考にすることで為替レートの状態を理解し、買いか売りかを見定めるといいでしょう。基本的に経済の状況とテクニックの両面で良い方向であり、または買いが同じ時は、ほとんどその方向に動くと考えて間違いありません。そうした時は持ち金を増やすことによってもっと多い儲けを受け取れるでしょう。3つ目に短期の重要点。この短期のトレードが示しているのは、言い換えればデイトレーディングを意味しています。為替相場でデイトレを行うにあたり、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は全然影響がないと断言していいです。なぜなら次の日のレートの動向に経済の状況は関連がないからです。ここでカギは目立った事柄があり、それにより為替相場が大幅に変動する機会を逃さないよう取引することです。たとえばアメリカにおいて雇用者の統計が発表されるもしくは金利政策などで金利が変化するといった行事。このようにタイミングに変わり様を逃してはいけないとの理由から、短期のトレードでは技術的な知識が欲しいところである。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.