www.dairycdia.org

初心者向けの外国為替証拠金取引の本では、「マイナスになった時はナンピンを入れることによって平均の買い付けコストを下げる」等とアドバイスしていたりしますがそれには相当の引っ掛けがあると考えます。まずは、ナンピンのやり方に関して易しく記述しておきます。たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いですから、円安になるほど利益が大きくなるわけですが、不幸にして95円まで円高ドル安に推移したとします。その場合ポジションを保持し続けたら、マイナスをなくすためにはマイナス分、円安ドル高に進む必要があります。投資家であれば、損は早く戻したいと考えます。そのためはじめにエントリーしたのと同じ分の$を、1ドルを95円でエントリーします。それで、ポジション全体の単価は1ドル=97.50銭まで低くすることができる。結果として、半分の幅で円安が進めば、損を回復する事ができます。それが、ナンピンの仕組みです。こういうふうに、ナンピン買いの理論を耳にすると「確かに」という気分になるがそう易々と上手くはいきません。95円が底だということなど、誰も予想できません。もしも、為替がかなりの円高ドル安の流れであるならば、1ドル=95円では下げ止まらずにさらに一層ドル安に向うリスクが高くなります。1ドル97.50円でナンピン買いをした時に、1ドル=95円まで円高が速んだらナンピン買いしたポジションにも、損が生まれます。そういう状況では一番初めにエントリーしたドルと全部で損失が生じる事になります。この通り、ナンピン買いは一筋縄でいきません。では、為替相場が己の台本とは反対に素早く進む場合いかなる対応で危機を管理すればいいのでしょうか。こういう時には取るべき方法は2つ。まずひとつは覚悟を決めて、損失を確定する事です。もうひとつは、今現在、あなたが所持している買いポジションを少なくする事によって、為替が戻るのを大人しく待つことだけです。ちょっと消極的な術だと思う投資家もいると思います。けれども、持っているポジションに損失が生まれた場合正しい手段はこれよりいいものはありえません。無論、理論としては、ナンピン買いをする手段も有効です。けれどもナンピン買いは、自分か損をしている場面にもかかわらず買いポジションを縮小するどころか、それとは逆に買いポジションを積み重ねていく対策です。この考え方では、危機を回避することなどどう頑張っても不可能だと思ったほうがいいです。ナンピンをし続ければやがては勝てるかもしれない。しかし、そうなる前にお金は足りなくなってしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.