www.dairycdia.org

ありふれた初めての方向けの外国為替証拠金取引のテキストでは「損失が生じた状況ではナンピンをすることでポジションの平均を買い付けコストを下げることができる」等アドバイスしていたりする事もありますが正直に言うとナンピン買いには隠れたリスクが待っています。まず最初に、ナンピンのやり方についてとても簡単に説明します。仮に1ドル100円でドルを買ったとします。ドル買いですので、ドル高に向うほど利益が出ますが、運悪く1ドルが95円までドル安が進んでしまった。このままの場合ポジションを所有し続けたらマイナスをなくすためには5円分円安ドル高に進む必要があります。みんな、赤字は早くリカバリしたいと思うでしょう。この状況を変えるため最初に売り買いしたのと同じだけの$を、取引します。それで、平均の買い付け価格は97円50銭まで低くする事が出来ます。その結果、2.50円の幅で円安ドル高に推移すれば、損失を取り戻す事が出来ます。それが、ナンピン買いの手法です。このように、ナンピンの理屈を目にすると「もっともだ」という考えになるが市場はそう易々と思うようにはいきません。95円が下限だとということなど、誰一人として予想できません。仮定として、為替が相当の円高地合だとしたら1ドル95円では止まることなく更に一段の円高ドル安に向う可能性はあります。仮に、97円50銭でナンピンをしたにもかかわらず、95円まで円高ドル安が速んだら、ナンピン買いしたポジションについても、損が生じてしまいます。この状態では、最初に買ったドルと合計で、更なる損失を被ります。それゆえ、ナンピン買いは難しいのだ。では、マーケットが自らのストーリー展開とは反対にすぐに行ってしまった場合どの手段で危機の確率を管理すればいいのでしょうか。こういう時には取れる手段は2つ。まずはじめは潔く損切りをする事です。もうひとつの方法としては、今現在、所持している買いポジションを減らす事でもう一度為替相場が元のようになるのを黙って待機する事だけです。少し受動的な対策だとおっしゃる投資家もいるでしょう。しかしながら、自分の持っているポジションにマイナスが出た場合適切な手段はこれ以外にはありえません。当然、理論としてはナンピンをする方法も有効です。だけどナンピンは自分が損失を披っている場面で、買いポジションを無くすどころか逆に買いポジションを積み重ねていく対策です。この対策では、危険をコントロールすることなど、どう考えてもやりようがないと思うべきです。ナンピンを続ける事ができればいつの日にか損失が回復するかもしれません。けれども、それ以前に投資資金はショートしてしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.