www.dairycdia.org

実際にパソコンの。前で上下動しているレートを見ていると何やら取引をしたいという衝動が生じる場面も多いです。でも、ぼんやりした思いで注文することだけは、絶対に避けてほしい。知っての通り、マーケットは昼夜を問わず、どこかの国で外国為替市場が開かれているし、市場も常時上がったり下がったりします。そうであっても、闇雲にトレードをしているとその回数だけ損失が生じる率が高くなってしまいます。無論、注文の数を重ねることによって、勝つ確率が半々になるのは事実です。でもこの事実は「ぼんやりとしたアイデアで売り買い」してしまうこととは話が異なります。エントリー回数を増やすとは自分自身が「ここだ!」と思いついた時機を持った状態でのエントリー回数を積み重ねるという事を言っています。特段の理由も無く、連続して売り買いを積むのとはかなり異なります。為替相場の戦いにi挑むにはあなたが考えてけじめをつけることこそが大事です。「ここはいける」と思えた為替相場の時にはいっそのこと持っているポジションを多くして、覚悟を決めて利益を狙います。「だいぶ悩ましい為替相場でどうなるか予想できないな」と思った時は、観念して保持ポジションをひとつ残らず見切りをつけて何もしない。それぐらいのけじめがあったほうが、最後にエントリーは成功します。為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。本当にその通りです。FXとは、いつも売買ポジションを持っていることが大事ではなくどのポジションも保持せず待っている事も事態によっては取引です。では、どういった時に、休めばいいのでしょうか。ひとつめは、先述の通り、現在の市場が曖昧で見通しがきかない時ですここから高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は、間違って判断すると、あなたの作り上げたストーリーとは逆方向に外国為替市場が向ってしまい、損をする事になります。だから、こうした場合はポジションを減らしてそのまま何もぜずに静観を決め込むのが最良の選択です。次に、体の調子がすぐれない時。コンディションと相場につながりがない感じる投資家もいるだろうが。実は考えている以上に関係あります。健康状態がすぐれなければマーケットの判断しなければいけないところで、落ち着いた判断ができなくなります。興味がわかない時は市場から離れてみるのも大事なことだ。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.