www.dairycdia.org

外為市場としての外国為替証拠金取引(FX)を分析していきます。外国為替証拠金取引とは、二つの国のお金をトレードすることでそれら通貨の差益をもらうとの方策です。これら両国の金の関係で出てくる差額をスワップ金利をいうのです。このようなスワップ金利のことは、正式にはスワップポイントといわれるらしいです。FXのスワップポイントというのは、日ごとにでも得る事ができますがそのレートの動きによって違ってくるそうです。こうしたスワップポイント(スワップ金利)を得ることがねらいで、FXのトレードをしている人たちも多数います。スワップポイントは、FX業者によっても違うところがあるので可能な限りスワップ金利が高い業者でやり取りしたいですよね。とは言っても、スワップ金利は為替が変わることで一緒に変動するので気をつけてください。もう一つ為替取引をやるには図を読む力が重要になるのです。こうしたグラフを見る事で、為替相場の流れを予想する出来ると言われています。外国為替取引ビギナーが見た時、何を示しているチャートですか?のように不思議に思えてしまうかと思いますがツボをつかんでいればグラフの理解が可能となるそうです。どの辺から日本円が上がるもしくは下降するだろうとか、ここで最近では円安になるとこのグラフによって判別が可能になり為替の取引をやるためにはかなり役に立つ情報となるのです。上記のグラフは、ローソク足が使われていて名前の通りローソク形の図で書かれているのです。このようなローソク足(陰陽足)によって高値か安値、さらに終値や始値を示していて図表の中で種々の格好となって行きます。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.