www.dairycdia.org

初心者用のFX投資の情報では「損失が生じた時にはナンピン買いして全体の価格を低くする事が出来る」と記述されていたりしますが、実際にはそれには目に見えない隠れたリスクが隠れています。まず最初に、ナンピンの手法について手短に説明しておこう。たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。ドル買いだから、円安ドル高に進むほど利益が出るわけですが思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高ドル安方向に向ったとします。このままの場合保持し続けたとしたら損がなくなるまでには、5円分、ドル高に向う必要があります。投資家であれば、損失は早く取り戻したい願うでしょう。それを解決するため最初に売り買いしたのと同じ分の$(ドル)を、1ドル95円で買い増しする。すると、平均の買い付けコストは1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。これで、2.50円の幅でドル高が進むとマイナスを取り戻す事が出来ます。それが、ナンピンの原理です。こういうふうに、ナンピンの仕組みを目にすると、「まちがいない」という考えになるが、外国為替市場はそう簡単に思った通りにはなりません。95円が底だということなど、分かるわけがありません。仮定として、相場が相当の円高ドル安傾向だとしたら95円では下げ止まることなくドル安になるリスクはあります。仮定として、97円50銭でナンピン買いをしたにもかかわらず1ドル=95円までドル安に進んだらナンピン買いした分についても損失が生じてしまいます。その状況では、最初に保有したポジションと全部でダブルで差損が生まれる事になります。このように、ナンピン買いは厄介です。であるなら、マーケットが物語とは別の方向にさっと向ってしまった場合、いかなるやり方で危険をコントロールすればいいのでしょうか。そこで選ぶべき対策は2つしかありません。まずひとつは観念して、損切りをすること。もうひとつの手段としては、今現在、あなたが保持しているポジションを減らす事で、再び為替が元のようになるのを動かないで待ち望むことです。かなり後ろ向きな方法だと感じる人もいます。だがしかし、所有している買いポジションに損失が出た場合最も危険の少ない手法はこれ以上のものはないです。当然、理屈の上では、ナンピンをしてみる考え方もあるように思えます。だけどナンピンは、自身が損失を披っている状態にもかかわらず、ポジションを小さくするどころか、買いポジションを増やしていく考え方です。この手法では、危険を管理することなど、どこをどうやっても可能ではないと思うべきです。ナンピン買いをし続ければいずれは損を取り返せるかもしれません。しかし、その前に資金が足りなくなってしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.