www.dairycdia.org

外国為替市場の外国為替証拠金取引について、解説していきます。外国為替証拠金取引(FX)では、二つの国の通貨を取引して両者の差し引きした利益を儲けられるというような方式となります。このような二国の金の間で発生する差額をスワップ金利と呼んでいます。このようなスワップ金利に関して、正しくはスワップポイントと呼ばれているらしいです。外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)とは、一日ごとに獲得する事ができますがしかし日ごとの為替の変化によって異なるのだそうです。こういうスワップポイント(スワップ金利)を取得することがねらいでFXの為替の取引をやっている方々も多数います。スワップポイントは、FX業者によって違う点があるのでほんの少しでも差益金額が高いFX業者を利用したいですね。ただ、スワップポイント(スワップ金利)は為替相場が動くことで一緒に動くので気をつけましょう。併せて取引をやるためにはチャートを読める力が大事になってきます。この図表を読めると為替の取引の動き方をつかむ事が出来るようになると言います。外国為替取引ビギナーの方が見た場合、何を表しているチャート?のように難しいと思えてしまうでしょうが重点を捉えていることで図表が理解出来るようになるそうです。どの辺りから日本円が上昇するもしくは下降しているというように、ここが最近では円安になるとこのグラフを読む事で判定が出来るようになり、為替トレードをするためにはかなり便利なデータとなるらしいです。ここで言う図は日本では一般にローソク足(陰陽足)が使われており名前通りローソクの形に似た図で書かれているのです。このようなローソク足(陰陽足)により高値か安値加えて終値と始値を示されていて図の上でいろいろな形となって行きます。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.