1ドル=97.50円でナンピンをした時に

ビギナー向けの外為取引の情報では、「損失を被った状況ではナンピン買いをしてポジションの平均を買い付け価格を小さくする」等書かれている事もありますが、実際にはナンピンには相当大きな隠れたリスクがあると考えます。スキンケア

まず、ナンピンの手法についてごく簡単に記述しておきます。スキンケア

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。為替

ドル買いなので、円安ドル高に動くほど利益を得られますが思い通りに行かず95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。健康食品

このままの状態で持ち続けたとしたら損失が戻るためには円高になった分円安ドル高に動かなければなりません。家庭用脱毛器 オススメ2017

投資家であれば、損失はなるべく早くリカバリしたいと考えます。ひとたびセルライトができると

この状況を乗り切るため最初にエントリーしたのと同じ量の$を、取引します。銀行系カードローンの特徴

それで、ポジションの平均の買い付け単価は97円50銭まで下げることができますつまり、2.50円の幅でドル高が進めば、赤字を取り戻す事が出来ます。健康食品

これが、ナンピンの手法です。エクラシャルム お得980円

このとおり、ナンピン買いのロジックを知ると、「確かに」という考えになるが、相場は簡単には思った通りにはなりません。ライカカメラ買取を本気で考える!

最初から、95円以下にならないとはなんびとも分かりません。

もしも、為替がかなり強い円高動向であるならば95円ではとまらず一段のドル安にいく危険性が高くなります。

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピンをした時に、1ドル=95円まで円高が進んだらナンピンを入れたポジションも赤字が生じてしまいます。

その状態では、最初に持ったポジションとあわせて二重の損を被ることになる。

それゆえ、ナンピンは難しいです。

ならば、為替が自らのストーリー展開とは逆にさっさと進んだ場合、どの手段で危険を回避すればいいのでしょうか。

こういう場合には選択する対策は多くはありません。

ひとつは潔く損切りをする事です。

もうひとつは現在、自分か持っているポジションを小さくする事でもう一回市場が元のようになるのをじっと待つことだ。

かなり後ろ向きな対策だと言う方もいます。

しかし、持っている買いポジションに損失が生まれた時有効な方法はこの他には期待できない。

ロジックとしてはナンピン買いをしてみる考え方もありえます。

だがしかしナンピン買いは、自分がマイナスになっている状態でポジションを縮小するどころか買いポジションを積み重ねていく対策です。

これでは、危険性を削減することなど、どこをどうやっても可能ではないと考えるべきです。

ナンピンを続けられればいずれは利益を上げられるかもしれません。

けれども、それ以前にお金が足りなくなってしまいます。

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.
スキンケア スキンケア