売るときには80円50銭

「スプレッド」とは外為取引は外貨を売買の注文をして差益を得る投資です。ライザップ 千葉

売り買いの価格は、四六時中動いています。ライザップ 池袋

これがマーケットです。

テレビを見ていると、ドルやユーロの為替レートの情報が流れることがあります。

よく見るのが「今日のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを言い表しています。

すなわち、FXには買いと売りの両方の値段があります。

売値のことをBID、買値のことをASKと表している業者もあったりします。

いつもは売値が買値よりも安い価格になっています。

私達が買値は高く、売値は低くなるものです。

その差分をスプレッドといい取引業者の利益といわれています。

スプレッドは会社によって変わります。

スプレッドの幅はあなたにとって出費になるので、低いFX業者を選んだほうが有利です。

ただ、同じ業者でも場面によってスプレッド幅は大きくなったり小さくなったりします。

例として普段は円とドルの組合せで1銭のスプレッド幅であるとしてもマーケットの動きがとても大きい場面では1銭よりも広くなったりする状況があります。

という訳で、スプレッドが低いのと共に、安定しているということが大事です。

最近では変化しないスプレッドの広さを示す業者もいくつもあります。

現実にFX業者の取引画面内で実際のレートを見なければ評価できないので手間がかかりますが肝心な事です。

多くの財産を投入してエントリーをするのですから、実際の売り買いの前に興味を持ったFX業者の新規取引口座開設を試してスプレッドの差を点検しましょう。

同じペアでもその瞬間の外国為替市場の状態によってスプレッドの狭さは変化します。

一般的には、インターバンク相場で取引量の多い、流動性の高いペアではスプレッドの幅が狭く他のペアではスプレッドの差が大きくなるのが一般的です。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.