住居を維持しながら金銭管理

民事再生という方法は住宅のためのローンもある複数の債務に悩む方々を対象とした、住居を維持しながら金銭管理において立ち直っていくための法による借金整理の処理方法としてスタートした法律です。

民事再生には、破産宣告とは違って免責不許可となる要件はないので浪費などで借金ができたようなときでも手続きは問題ないですし破産申請をすれば業務できなくなる可能性がある業種で生計を立てている場合等でも手続きは可能になります。

破産の場合は住んでいるマンションを保有したままにするわけにはいきませんし、特定調停と任意整理では、元金自体は返していかなくてはなりませんので、住宅のためのローンも払いつつ返済をしていくことは実際問題として難しいと思われます。

ただ、民事再生という手順を採用することができれば、住宅ローン以外の借り入れについてはけっこうな金額を減らすこともできますのである程度余裕に住宅ローンを払いつつ残りの負債を払い続けるようなこともできるということになります。

といっても、民事再生は任意整理による処理特定調停とは違って一定の借金だけを除外して処理していくことは許されませんし、破産手続きにおけるように元金それそのものなくなるわけではありません。

さらには、それ以外の処理と比較してもこみいっていて期間もかかりますので、住宅ローンなどを組んでいて住んでいる家を維持したいような状況以外で、破産申請等その他の整理方法がない場合の最後の手段とみなした方がいいと思います。

Link

Copyright © 1996 www.dairycdia.org All Rights Reserved.